SEARCH THIS SITE.
CATEGORIES
ARCHIVES
Calender
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
ふたつの尺度

 

 先日、地元紙「空知プレス」さんの1面トップに、雪のことがわかりやすく詳細に掲載されました。ところで雪の多い少ないを表すには、次のふたつがあります。

 

1)降り積もった「雪の深さ(積雪深)」で表す方法

2)毎時ごとに計った雪の深さを1日分合計し、日ごとに累積した「累積降雪量」で表す方法

 

 このふたつのうちどちらかといえば「積雪深」のほうが直感的にわかるので、雪の多少を表すのに便利な尺度といえます。積雪深は雪の自重や雨、気温の上昇で縮まる(減る)こともあり、降雪量のように増え続けることはありません。

 

 次の表は過去63年間を、ふたつの尺度でそれぞれ下位10位までを示しています。なお、雪についての統計値は寒候年(前年8月〜当年7月)単位で表すことになっています。

 

表の「年」は寒候年で表しています

 

 新聞記事に取り上げられた少雪の2009(平成20)年。2月中旬には雨で幹線道路の雪が融け、ワイナリーさんでも雪が少なく、伏せていたブドウの苗が顔を出し、凍害の心配をされていました。今年も少雪気味なのでブドウやバラは大丈夫でしょうか。

 

 

 

 そして今年のバラ園。駐車場の雪山が小さめです。もし飼い犬の○○がなければ、これをドカ雪祭りなどのイベントや貯蔵に使えるのでは。集めた雪をただ溶かすのは勿体ないですね。

 

 

| 気象・天体 | comments(0) | - | pookmark |
どうなる2月以降の雪

 2月に入っても相変わらず雪が少ないようで、一日当たりの積雪増加が20センチを越えたのは12/17の1回だけ。グラフから積雪深さが「ノコギリの刃」のように増減しているのがわかります。一気に降り積もらないので市民からすれば優等生的な降り方といえるでしょう。ただ総量(累積降雪量)が少ないので機械や人がフル稼動せず、困っている話が聞こえてきます。

 

 

 気象庁の1カ月予報によれば、岩見沢を含む2月の北海道日本海側は気温が高めで降雪量が少なめとのこと。そう遠くない将来、市町村単位でどう降り積もるのかが予測できるようになることを願っています。

 

気象庁.1カ月予報のうち、北海道日本海側を抜粋させていただきました m(_ _)m

 

 それまで待てないので気象データをいじってみました。岩見沢で1月末までの降雪量(前期とします)と2月以降の降雪量(後期とします)にわけて、グラフにしてみると次の通りで、このふたつには残念ながら相関関係がないことがわかります。つまり前期が少なかったから後期も少ない、または前期が少なかったから後期は多い(俗に帳尻を合わせてくる)とは言えないのです。例えば前期で7mを越えた青丸の年(4回あり)で後期は1m以下(2003年)〜4m(1970年)まで様々でした。

 

 

 また前期の降雪量を100としたとき、後期はいくらだったかを寒候年別に示しました。両者に相関関係がないので、随分ばらついていますが、63年間の単純平均で後期は前期の約半分にすぎません。かなり乱暴ですが、今年の降雪量は5〜5.5m(後期:1.5〜2.0m)、積雪深さの最大は0.8m前後と考えるのが順当では。はずれたらご勘弁を。

 

 

| 気象・天体 | comments(0) | - | pookmark |
50年に一度レベルの少雪か(岩見沢)

  札幌が豪雪で悩まされているにもかかわらず、岩見沢は最深積雪が今のところ57cm(1/11)で、観測史上最少(64cm)だった1963年と同じレベルで推移しています。1月になって偏西風の影響なのでしょうか、発達した低気圧も東に。したがって岩見沢に大雪をもたらす北西の風が吹かず、北よりの風になって札幌、後志が洗礼を受けているのかもしれません。

 

 ちなみに、苗畑のある安平町も例年にない大雪で、1月としては1日当たりの積雪増が観測史上最多の36cmを記録。昨日も降り積もり積雪深は67cmに達しました。除雪に慣れていない町民は大変でしょうね。同じ北海道でも地域によって随分と様子が違います。

 

 

 さて降雪量で見ると、1963寒候年(433cm)が最少ではなく、1959寒候年(326cm)、1991寒候年(395cm)、2007寒候年(489cm)の順で、5mを下回ったのは過去4回ということになります。今年は1/22現在で313cm。果たしてどうなることでしょうか。

 

 

| 気象・天体 | comments(0) | - | pookmark |
空知と胆振

 今日は雨模様の岩見沢で様々なイベントがありましたが参加できず、後ろ髪を引かれる思いで苗畑のある胆振管内へ。安平町に差し掛かるとご覧の青空。この差に惑わされながら早くも35年が経とうとしています。

 

 

| 気象・天体 | comments(0) | - | pookmark |
季節の変わり目

 4段重ねの空模様。季節の変わり目なんでしょうか。週間天気予報がいつの間にか傘マークだらけになりましたね。屋外でのイベントや作業が影響を受ける1週間になりそうです。

 

| 気象・天体 | comments(0) | - | pookmark |
<< | 2/23PAGES | >>