SEARCH THIS SITE.
CATEGORIES
ARCHIVES
Calender
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
50年に一度レベルの少雪か(岩見沢)

  札幌が豪雪で悩まされているにもかかわらず、岩見沢は最深積雪が今のところ57cm(1/11)で、観測史上最少(64cm)だった1963年と同じレベルで推移しています。1月になって偏西風の影響なのでしょうか、発達した低気圧も東に。したがって岩見沢に大雪をもたらす北西の風が吹かず、北よりの風になって札幌、後志が洗礼を受けているのかもしれません。

 

 ちなみに、苗畑のある安平町も例年にない大雪で、1月としては1日当たりの積雪増が観測史上最多の36cmを記録。昨日も降り積もり積雪深は67cmに達しました。除雪に慣れていない町民は大変でしょうね。同じ北海道でも地域によって随分と様子が違います。

 

 

 さて降雪量で見ると、1963寒候年(433cm)が最少ではなく、1959寒候年(326cm)、1991寒候年(395cm)、2007寒候年(489cm)の順で、5mを下回ったのは過去4回ということになります。今年は1/22現在で313cm。果たしてどうなることでしょうか。

 

 

| 気象・天体 | comments(0) | - | pookmark |
空知と胆振

 今日は雨模様の岩見沢で様々なイベントがありましたが参加できず、後ろ髪を引かれる思いで苗畑のある胆振管内へ。安平町に差し掛かるとご覧の青空。この差に惑わされながら早くも35年が経とうとしています。

 

 

| 気象・天体 | comments(0) | - | pookmark |
季節の変わり目

 4段重ねの空模様。季節の変わり目なんでしょうか。週間天気予報がいつの間にか傘マークだらけになりましたね。屋外でのイベントや作業が影響を受ける1週間になりそうです。

 

| 気象・天体 | comments(0) | - | pookmark |
台風の爪痕

 取引先を訪ねる道中。台風で家屋近くの大木が倒れ、浮き上がった根でご覧の有様。道内全域で想像を絶する被害が出ており、復旧のメドがたっていません。被災された方には心よりお見舞い申し上げます。

 

 

旧国鉄胆振線(壮瞥町久保内)

 

| 気象・天体 | comments(0) | - | pookmark |
言うまでもなく

朝起きると寒く、日中は爽やかな青空と風、そして雲。

これは秋なのです!

 

| 気象・天体 | comments(0) | - | pookmark |
<< | 2/22PAGES | >>