SEARCH THIS SITE.
CATEGORIES
ARCHIVES
Calender
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
何よりの結果ですが・・・

 今年の冬は雪が少なく、該当する地域では耐寒性の乏しい樹木、特にバラは被害が大きいとの話がでています。それを防ぐための囲いについて、これまで最善とされていた囲い方法(1)に執着していたことが、解決を難しくしてきたと思います。すでにご承知とは思いますが、2年ほど前にあるグラフを公開したところ、これを察知した園芸指導家K氏が、某バラ園でそれまで例外なく行っていた囲い方法(1)を今回は弱そうな種類に限って囲い方法(2)に変更したのが見て取れます。

 

囲い上部を密閉した冬囲い(写真上)と囲い上部を開放した従来の冬囲い(写真下)

 

外気温との差がほとんど期待できない冬囲い(2017年3月)

 

 グラフは温度測定により囲いをほぼ密閉することで得られたデータで、外気温と囲い内部の温度(以降、内部温度と略します)との差が予想以上に大きいことがわかりました。耐寒性の乏しい植物では「密閉すること」が最低条件となります。なおデータのばらつきの大部分は測定誤差ではなく、温度以外の因子(ファクター)があること示しています。

 

  

通気性重視の従来型囲い(1)

内部温度をできるだけ高く維持する囲い(2)

 

 囲い(1)の方法では通気性がよすぎて内部温度が思うように維持できません。住宅の屋根・天井に大きな穴があいているのと同じで、寒さに弱い住人には最悪の居住空間です。と言えばわかりやすいですね。これに気づかず小手先の手法では効果が上がらないどころか逆効果になった可能性があります。

 

 なお、積雪の多い地域で少雪厳寒の際に賢明なガーデナーさんが冬囲いまわりに「雪寄せ」「雪かけ」しています。囲い外部を断熱効果の高い雪で覆うことはより効果的なので、このバラ園でも実施したようです。結果よければすべて良し?ともいえますが、積雪の少ない厳寒地ではそうもいきません。どうするか現在検討を重ねているところです。

 

| 冬囲いを科学する | comments(0) | - | pookmark |
アンデスの珍しい果実

 南米エクアドル、チリの山岳地域(アンデス山脈)原産で、気候的に近いニュージーランドで改良されているナス科の野菜。糖度があるので小さなメロンとキュウリを合わせたような食感とあっさりとした甘みが病みつきになります。今から30年以上前のこと。改良園から発売されたので、苗を購入し苗畑のハウスで試験栽培し、秋遅く霜害の前に鉢植えしていた苗を事務所に取り込んで様子をみました。収穫した果実は地下室で管理したので、傷むことなく鮮度を保っていたと記憶しています。確か2月末まで、主に私と子供が喜んで食べていました。

 

ハウス栽培中のペピーノ(1985年)

 

 ハダニ、オンシツコナジラミ、アブラムシが購入した苗についていることもあるので、早くから防除することをお勧めします。ネットではトロピカルフルーツとして紹介されて誤解されますが、高温には弱いので25〜30度以下が理想です。最低気温は10度以上(短い時間でしたら5度まで)あれば大丈夫だったと記憶しています。

 

このころはまだ植物栽培の初心者で、摘果のこともよくわからず成らせ過ぎでした

 

 近は当時からあった品種のほかにいろいろあるようです。近年は温暖化に伴い、サツマイモ、落花生の栽培が出来るようになってきたとのこと。来年は家庭菜園の一品としてあれこれ再挑戦してみようかなと考えています。

 

当時は駒澤大学苫小牧短期大学の先生にお願いして、ハスカップなどの小果樹と一緒に成分分析をしていただきました。(なおこの大学は2003年に廃校になり惜しまれます。)

最近はなんでもかんでも糖度が高いものが好まれていて、個人的には閉口しています。このペピーノは日本ではマイナーな存在ですが、こちらの記事をご覧下さい。

「南米原産「ペピーノ」アンデスの恵みを農大ブランド化へ」

https://www.nodai.ac.jp/research/teacher-column/18889/

 

 

1985年当時の改良園さんパンフレットより

| 開花・園芸情報 | comments(0) | - | pookmark |
異国と外国

 このままロンドン直行と思っていたら、何とドバイでトランジット(給油)。少し時間がかかるので空港のロビーで買い物したり羽を伸ばせるとのこと。港内バスで到着するとそこはイスラムの世界。思いがけず異国情緒を味わうことが出来てラッキーでした。興味をひく土産は見当たらないので帰りにでもと思っていたら、ノンストップでした(笑)気流の関係だったのですね。現在では往復ともロンドン直行の様です。

 

 ・・・サラリーマン時代に上司から

「プラントの輸出先に1年ほど出張して、技術的な指導してくれないか。」

「どこですか?」

「ドバイだよドバイ。」

断ると後輩に白羽の矢が。2年後に帰国した彼の無事を祝い、仲間と赤提灯で一杯〜

「現地が暑いかと思っていたら、湿度がないので意外と涼しかった。」

「君は九州男児だからな。」

「現地で東南アジア系作業員に気に入られ、休みに遊びにいったらお昼をごちそうになった。」

「おぅ、それはよかったね。」

数日後に遊びにいったとき、飼い犬の姿がなかったそうです。

 

 

 

 シンガポール22:00発のSQ22便は、現地時刻で早朝の6:15にロンドン着。時差が8時間あるのですが、特に時差ボケは感じなかったは幸いでした。ヒースロー空港からはせっかくなので地下鉄ではなくバスを利用し、町並みを見ながらロンドン・ユーストン駅へ。やっと外国に来たことを実感。

 

いくらでもいるね。思わずミーハーしてしまいました(笑)

| 過去と今をつなぐ | comments(0) | - | pookmark |
<< | 2/245PAGES | >>