SEARCH THIS SITE.
CATEGORIES
ARCHIVES
Calender
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
どうなる2月以降の雪

 2月に入っても相変わらず雪が少ないようで、一日当たりの積雪増加が20センチを越えたのは12/17の1回だけ。グラフから積雪深さが「ノコギリの刃」のように増減しているのがわかります。一気に降り積もらないので市民からすれば優等生的な降り方といえるでしょう。ただ総量(累積降雪量)が少ないので機械や人がフル稼動せず、困っている話が聞こえてきます。

 

 

 気象庁の1カ月予報によれば、岩見沢を含む2月の北海道日本海側は気温が高めで降雪量が少なめとのこと。そう遠くない将来、市町村単位でどう降り積もるのかが予測できるようになることを願っています。

 

気象庁.1カ月予報のうち、北海道日本海側を抜粋させていただきました m(_ _)m

 

 それまで待てないので気象データをいじってみました。岩見沢で1月末までの降雪量(前期とします)と2月以降の降雪量(後期とします)にわけて、グラフにしてみると次の通りで、このふたつには残念ながら相関関係がないことがわかります。つまり前期が少なかったから後期も少ない、または前期が少なかったから後期は多い(俗に帳尻を合わせてくる)とは言えないのです。例えば前期で7mを越えた青丸の年(4回あり)で後期は1m以下(2003年)〜4m(1970年)まで様々でした。

 

 

 また前期の降雪量を100としたとき、後期はいくらだったかを寒候年別に示しました。両者に相関関係がないので、随分ばらついていますが、63年間の単純平均で後期は前期の約半分にすぎません。かなり乱暴ですが、今年の降雪量は5〜5.5m(後期:1.5〜2.0m)、積雪深さの最大は0.8m前後と考えるのが順当では。はずれたらご勘弁を。

 

 

| 気象・天体 | comments(0) | - | pookmark |
バラ園以前の地図は語る

 バラ園が出来る前のなだらかな傾斜地には畑が広がり、低いところには水田があったらしい。農業用水路が整備されていなかった時代は、ため池(写真の水色部分)が散在しており日照りに備えていた様です。水はけの悪い粘土地だったからこそ機能したのでしょうね。

 

 ところで現在、パークゴルフ場用地内にある池(青い部分)は、造成時に新しく作られたもので、写真の矩形部分はかつて水田だったのかもしれません。

 

 ちなみにオレンジ色は旧万字線で、wikipediaのページ右上の画像には万字線と現バラ園用地が写っています。「ドッグサロン・リキ」さんの敷地が少し高くなっていますが、これは当時の路盤なのでしょう。バラ園南端のヨーロッパトウヒは鉄道防風林の名残で間違いないと思います。

 

 

| いわみざわバラ園 | comments(0) | - | pookmark |
50年に一度レベルの少雪か(岩見沢)

  札幌が豪雪で悩まされているにもかかわらず、岩見沢は最深積雪が今のところ57cm(1/11)で、観測史上最少(64cm)だった1963年と同じレベルで推移しています。1月になって偏西風の影響なのでしょうか、発達した低気圧も東に。したがって岩見沢に大雪をもたらす北西の風が吹かず、北よりの風になって札幌、後志が洗礼を受けているのかもしれません。

 

 ちなみに、苗畑のある安平町も例年にない大雪で、1月としては1日当たりの積雪増が観測史上最多の36cmを記録。昨日も降り積もり積雪深は67cmに達しました。除雪に慣れていない町民は大変でしょうね。同じ北海道でも地域によって随分と様子が違います。

 

 

 さて降雪量で見ると、1963寒候年(433cm)が最少ではなく、1959寒候年(326cm)、1991寒候年(395cm)、2007寒候年(489cm)の順で、5mを下回ったのは過去4回ということになります。今年は1/22現在で313cm。果たしてどうなることでしょうか。

 

 

| 気象・天体 | comments(0) | - | pookmark |
<< | 2/229PAGES | >>