SEARCH THIS SITE.
CATEGORIES
ARCHIVES
Calender
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
<< 慌ただしく過ぎた秋 | main | 北方樹木保存会 >>
究極の冬囲い(十勝ヒルズの越冬対策)(1)

 

各地でご当地の自然環境のもとで、耐寒性の劣る植物を健全に越冬させるために、様々な試みがなされています。しかし私たちは気象条件を制御することは出来ないので、健全に越冬させる確率をいかに高めるかが課題となります。たまたま同じ時期に北海道の「東」と「西」で、事業形態、バラの種類、気候に違いこそあれ、依頼された方がバラに挑戦することになりました。

 

理に叶った技術開発のお手本

その中で岩見沢よりはるかに厳しい自然環境(厳寒・少雪)の十勝管内幕別町日新地区。ここにある大型ガーデン・十勝ヒルズを指導されたのが、緑花計画を経営する笠(りゅう)氏。そのなかにあるバラ園を当初の不具合を克服し、それまで培ってきた技術力によって2016年のグランドオープンに間に合わせました。高い見識、判断力を持った指導者と熱心な関係者の皆さんとのチームワークによって、短期間で生み出されたことに敬意を表します。

 

 

十勝ヒルズはすべてイングリッシュローズとのこと

厳寒の地でこのバラを見られるとは驚きでした(2016.7.9)

 

笠氏は実践に基づく幅広い知識と経験の持ち主で、自らもはさみとスコップを手にする実践派でもあります。劣悪な環境での緑化指導ほか大規模な公園の設計・監修・指導など実績は数えきれません。詳しいことは笠氏が運営されているこちらのサイトをご覧いただければご理解頂けると思います。

 

似て非なる考え方

従来、道内の園芸業界では、園芸家の講習や園芸誌の投稿記事は、判を押したように

 

「冬囲いをするとき、春先に「蒸れる」ので、上部と下部に隙間を空けて通気性を保つこと」

(当サイトではこの方法を「開放型」と呼んでいます)

 

こう言っておけば無難といったレベルの話がほとんどなのですが、その影響を受け、プロ・アマ問わず、この「開放型」で対応しているといって過言ではありません。

 

上は開放型で、株元は構造上湿ったチップ?で覆われています

 

2017年当時は、こんな開放型で・・・

 

しかし十勝ヒルズ方式の特徴のひとつは、そのような不確かな情報に惑わされることなく、当初から外気を完全に遮断した「密閉型」の冬囲いを採用されました。当然「開放型」に比べ、囲い内部の温度が明らかに優位となり、最も基本となる手法となります(詳細は後日のブログ記事で)。もうひとつの特徴は、囲い内部を乾燥したチップなどで充填したことです。これによって内部の過湿を防ぐ効果が向上しています。したがって「蒸れる」といった話はないとのことです。

 

笠氏によれば、この手法は道東のように厳寒・少雪地域を対象としているとのことです。より温暖地域においても、相対的に耐寒性が劣る種類に対しては「十勝ヒルズ方式」が期待できそうですね。

 

水を透過させない素材を外側に採用されました。蒸れることを恐れた方にはハードルが高い方法

(材質、厚さ云々は亜流的な話になります)

 

 

チップを充填する容器ですが現在はプラスチック製の網に変更されています

 

また、「融雪期に囲い内部の温度が上昇し、湿度も高くなって蒸れる」と思われがちですが、囲い内部は外気より低く、吸湿性の高いむしろ、ワラなどを使わない材料を使うことで、解消することがすでに実証されています。また春先に充填材の撤去作業が順調にできるように工夫されているそうです。

 

「開放型」の欠点と問題点

「開放型」では、内部に雪や雨、湿気が入り込むので、充填材料を湿らせて様々な障害を招く恐れがあります。

例えば、春先に湿った充填材を取り除いたことで、幹枝の表面が外気や風によって急激に乾燥し、寒風害を受けたときと同じ被害を受けることがあります。また、その障害を防ごうとして余計な工程が増えることでコストアップに繋がる可能性があります。

 

次回は笠氏の卓越した姿勢と取り組みについて,私の感じたことをお伝えします。

| 冬を越すために | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする