SEARCH THIS SITE.
CATEGORIES
ARCHIVES
Calender
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
<< ギボウシの存在感 | main | 初めての接ぎ木に挑戦(1990年) >>
西洋アジサイは七変化

 現在青いアジサイが満開で、暑い日「涼」を求める私たちには最高の存在です。

 

アジサイ(Hydrangea macrophylla f. macrophylla)

 

 一方で外周に列植されたセイヨウアジサイは花の色が様々です。この差は土のpH(水素イオン濃度)の差が影響していると言われ、酸性が強いと青、中性に近づくと赤となるようです。アルカリ側に近づくにつれ、土中にある酸化アルミニウムがイオンとして存在感を増します。

 

セイヨウアジサイ(Hydrangea macrophylla f. hortensia

 

アジサイはこれを吸収することで赤色を呈するそうです。元々は日本古来のアジサイを導入して品種改良し、セイヨウアジサイが生まれたそうです。日本では多くの地域が火山にも由来する土のため酸性が強く、アジサイはアルミニウムイオンを取り込めず青くなるのですね。一般の植物はこのイオンは有害とされることが多いそうです。

 

 様々な花色が入り乱れたセイヨウアジサイを見ていると、どうしてこうなるのか不思議でたまりません。理屈はさておき、色違いの花を集めてみました。

 

 

| 開花・園芸情報 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする