SEARCH THIS SITE.
CATEGORIES
ARCHIVES
Calender
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
<< こぼれ種からの出現(1) | main | 西洋アジサイは七変化 >>
ギボウシの存在感

 庭のキクザキイチゲやニリンソウの群生しているエリアのなかにギボウシの大株があります。巨大化したので春先に一部株分けをしたのですが、この通り元の木阿弥状態。この株は数十年間ここに鎮座しているトクダマ(Hosta sieboldiana var.condensata)だと思います。先の草花2種は、これに被圧されていると見せかけて、また来年しっかりと咲き誇るのですから恐れ入ります。

 

 

この大株の株元ですが、春先は次写真左上のスペースに収まっています。

しかし来春までに半分くらいは除去しなければ。

 

 

ところで、なぜか葉脈に鱗状の模様がある部分とそうでない部分があります。

 

 

| 開花・園芸情報 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする