SEARCH THIS SITE.
CATEGORIES
ARCHIVES
Calender
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
<< もうひとつの越冬対策 | main | コロナ無縁の林道を行く >>
20年後のエリカ

 初めて庭を造ったのは1999年。当時はまだカタカナのガーデニングという言葉がない時代?でしたが、奥さんが洋風の庭にしてほしいとのこと。生産していたジューンベリー、エリカ、コンコロールモミ、アルベルティアナコニカなどのコニファー類、アズキナシなどの樹木と芝を配置。宿根草は奥様が選び、ご主人と一緒にレンガを敷きながら植えていただきました。

 さて、それから20年後のエリカはどうなったでしょうか。花後に伸び過ぎた枝を毎年刈り込んだおかげで、形が崩れることなく今年も見事な花を咲かせていました。嬉しいですね!なかなか出来そうで出来ない管理作業ですが、植物は正直です。

 

春咲きエリカのスプリングウッドホワイトとミルトンルビー。白花のほうが優勢ですね

 

| 開花・園芸情報 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする