SEARCH THIS SITE.
CATEGORIES
ARCHIVES
Calender
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
<< ゴールドクレストがさわやかな時代 | main | 懐かしい新聞記事 >>
少雪に惑わされた冬

 

記録的な豪雪と少雪が隣り合わせ

 

 厳寒期の積雪が少ないとき、越冬させる樹木が被害を受けることがあります。今年は道内全域でそういった年になったかもしれません。岩見沢では1月中旬に該当する寒候年のデータをグラフで掲載したところこんな結果に。積雪深さは過去60年で最も少ない52cmを記録しました。(従来の最低は64cm)

しかし、様々な気象データを駆使している気象庁でも、市町村単位での詳細な気象予測は出来ません。知りたい地域について植物の越冬に関係する気温、積雪深、風などは自分で地道にデータを蓄積するしかありません。単にハーディスナンバーで語るのは危険ですが、2003年以降は、少しでも北海道の実情に近づけようと多雪地域と少雪地域別にゾーン分けを行っています。

 

岩見沢ではこの10年間に極端な記録(2002年、2020年)に惑わされました

 

園芸指導者の思い違い

 

さて、園芸指導者K氏のブログ(1月23日付け)によれば

季節外れに園内にある健全なバラ苗の囲いをはずし、春遅くまで分厚いグラスウールで囲い直し、苗が蒸れるかどうかを試すとありました。苗がよくなることを目指す処置ならともかく、悪くなるのも辞さないような試験はいかがなものでしょう。

 

(1)園内の苗は岩見沢市・市民の財産だと思います。まずは自分の庭か自社で行い、その結果を利用する手順が常識では。(2、3年前にブログを通じ、園内テストガーデンの活用を提案したのですが。)

 

(2)何故この時期になってから行うのか理解できません。外部からの「刺激」を受け、準備不足のまま慌てて実施した様子が伝わってきます。一貫性のない思いつき・ピンポイント的試験では得るものが乏しそうです。「蒸れ」云々については、まず消費者(ガーデナー)に役立つ情報を提供するのが最初では。

 

(3)なお、私が今まで行ってきた冬囲いの試験では、消費者の皆さんと同じく市販されている資材を使っています。

 

いずれにしてもこのバラ園はリニューアルして7年目。残念ですが、その当時を語れる職員さんは全員退職されました。バラの栽培方法も落ち着いてほしいものです。今年のバラに期待しましょう!

 

雪が解け、いつもの通りイチイの根元に福寿草が・・・

| 開花・園芸情報 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする