SEARCH THIS SITE.
CATEGORIES
ARCHIVES
Calender
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
<< 木々を越冬させる(1) | main | 植物の越冬対策(1) >>
ネズミ、ウサギの食害から守る(1)

 北国の冬は寒さ厳しく長いので、主に植物を糧としているシカ、ウサギ、ネズミは森林だけでなく、越冬させる植物の苗畑やガーデンそして私たちの庭にも出没する嫌われ者。どうやって被害を防ぐかは決め手を欠くこともあるのですが、今まで実践して効果のあった方法をいくつかご紹介します。

 

 

 一番困るのは幹の地際から樹皮を食われることで、周囲を全部被害を受けると、春になって最初は芽吹きますが、水分や養分が供給されず、最悪枯れてしまいます。特に果樹やバラなどでは、大切な接ぎ木上部がダメになり、台木のみが生き残ってひこばえが発生。このことを知らずに育て、後でがっかりすることもあります。

 

 

 そこでよく見かける対策として、金網を幹に巻く方法があります。しかし網の合わせ目や網の上下と幹の間に隙間ができて、そこからネズミ(主にエゾヤチネズミ)が侵入することがあるので注意しましょう。2年くらいは大丈夫ですが、それ以上網を放置していると、肥大した幹が食い込んで手遅れになることもあります。点検して巻き直して下さい。

 

 皆さんにお勧めする方法は・・・

 

エゾシカに食害を受けた幹(左)と肥料袋を巻いたエゾヤマザクラ(右)

 

 肥料、園芸用土の入っていたポリエチレン製の空き袋やビニール、または防風ネットを幹や枝に巻き付ける方法です。袋の場合は底を残して上と左右を切って短冊状にすると、背丈のある木やツルにも有効です。心配ご無用!絶対にかじられません。ただし薄いものは裂けやすいので使わないのが無難でしょう。(生産現場では安価なので重宝していた方法で、客先にも推奨し、喜ばれていました。美観を気にする方は無彩色系の袋を用意して下さい。)

 

 

 下図のように、融雪期にはベッドの立ち上がりの元、溝の底、繁茂した草の株もとに隙間や空洞が出来るので、足で踏み固めるか、除雪をしてネズミの行き来を防ぎましょう。彼らはキツネやカラスなどの天敵に身を晒すのを恐れるからです。

 

 

| 冬を越すために | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする