SEARCH THIS SITE.
CATEGORIES
ARCHIVES
Calender
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
<< 紅葉が見ごろの滝野 | main |
冬囲いと熱収支

 ご当地の寒さに耐られそうもない植物(主に樹木)を何とか屋外で越冬させたいと思う人はプロ・アマ問わずたくさんいらっしゃるかと思います。今まで様々な樹木を様々な方法で越冬を試み、最低でも5年をかけて試験栽培。耐寒性等を確認してから、お客様のところに納品・植え込みをしてきました。昨今ありがちなネット情報程度でいきなり〜は問題があります。

 

 道内の園芸業界では体系づけられた試験・研究は苦手なようで、冬囲いのなかの温度を測定することでさえ皆無に等しい。どちらかといえば経験と勘、思いつきによるピンポイント的手法で行っているのが実情かもしれません。筋道を立てて試験したからと行って必ずしも望む結果が出るとは限りませんが、何事も長いスパンで技術と知識の蓄積が大切かと思います。

 

 無事屋外で越冬させるために、アマチュアの園芸家はしっかりとむしろ等で冬囲いをすれば大丈夫と考えています。一方でプロの園芸家やその方々の講義を聴いたり、園芸雑誌の記事を見た人は、囲いの上部と下部を閉じない方法を採用しています。春先に苗が蒸れると言われているからです。どのような植物がどのような時期に蒸れるのかまだ確認していませんが、常緑樹以外では眉唾(まゆつば)な情報もあるのではと思っています。この話題はそのうちあらためてということで。

 

 さてこの数年間、私なりに基本的な試験・測定を行ってきました。その結果を説明するには、狭い囲いの中を「熱収支」で考えるとわかりやすいとの結論です。少なくとも道内の園芸業界では「熱収支」が注目されたことはありません。典型的な例を図示しますので、参考にしていただければと思います。

 

○△×はあくまでも相対的な評価です

 

 ところでこれまでに関連記事について多くの問い合わせをいただきました。そのなかで一番多かったのは

 

  Q:温度データは囲いを雪で覆って計ったのですか

 

  Α:自然降雪だけの条件下で計測しました。人工的に雪を被せると新たな因子が増えるので避けています。積雪が少ないとき、囲い回りに雪を被せるのは効果がありそうです。しかし春先に融けづらい、被圧による影響も考えながら自己責任でお願いします。

 

 まだまだ条件を探る段階です。ベーシックな試験の積み重ねを怠るのは危険。工業化学分野で例えるとビーカーテストのレベルにもかかわらず、いきなり生産ラインに導入するようなもの。失敗すると担当者の首が飛ぶだけでは済まされません(笑)

 

| 冬囲いを科学する | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする