SEARCH THIS SITE.
CATEGORIES
ARCHIVES
Calender
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
<< アンデスの珍しい果実 | main | 試験植栽 >>
何よりの結果ですが・・・

 今年の冬は雪が少なく、該当する地域では耐寒性の乏しい樹木、特にバラは被害が大きいとの話がでています。それを防ぐための囲いについて、これまで最善とされていた囲い方法(1)に執着していたことが、解決を難しくしてきたと思います。すでにご承知とは思いますが、2年ほど前にあるグラフを公開したところ、これを察知した園芸指導家K氏が、某バラ園でそれまで例外なく行っていた囲い方法(1)を今回は弱そうな種類に限って囲い方法(2)に変更したのが見て取れます。

 

囲い上部を密閉した冬囲い(写真上)と囲い上部を開放した従来の冬囲い(写真下)

 

外気温との差がほとんど期待できない冬囲い(2017年3月)

 

 グラフは温度測定により囲いをほぼ密閉することで得られたデータで、外気温と囲い内部の温度(以降、内部温度と略します)との差が予想以上に大きいことがわかりました。耐寒性の乏しい植物では「密閉すること」が最低条件となります。なおデータのばらつきの大部分は測定誤差ではなく、温度以外の因子(ファクター)があること示しています。

 

  

通気性重視の従来型囲い(1)

内部温度をできるだけ高く維持する囲い(2)

 

 囲い(1)の方法では通気性がよすぎて内部温度が思うように維持できません。住宅の屋根・天井に大きな穴があいているのと同じで、寒さに弱い住人には最悪の居住空間です。と言えばわかりやすいですね。これに気づかず小手先の手法では効果が上がらないどころか逆効果になった可能性があります。

 

 なお、積雪の多い地域で少雪厳寒の際に賢明なガーデナーさんが冬囲いまわりに「雪寄せ」「雪かけ」しています。囲い外部を断熱効果の高い雪で覆うことはより効果的なので、このバラ園でも実施したようです。結果よければすべて良し?ともいえますが、積雪の少ない厳寒地ではそうもいきません。どうするか現在検討を重ねているところです。

 

| 冬囲いを科学する | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする