SEARCH THIS SITE.
CATEGORIES
ARCHIVES
Calender
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
<< 震災の爪痕ー地面が動いた(2) | main | 育種を楽しむ >>
備えあれば憂いなし

 今年は3回もの台風に襲われた北海道。常日頃の基本的な管理がいかに大切かを思い知らされた年でもあります。お世話になった客先でも、植えて丸三年経た庭木が、支柱の劣化と生長が良過ぎたため強風に耐えられず、次々と倒れたケースがありました。根が安定するまで、透かし剪定してくださいとお願いしていたのですが・・・


 倒れた状態で剪定し、再び立て込んで支柱結束。手間ひまが結構がかかったお宅が数件ありました。公共施設や公園でも同様で、たまたま切り詰め剪定していたポプラはほぼ大丈夫だったのに、剪定していない(位置的に高所作業車による剪定できない)ドロノキなどは、結構倒れた様です。人命に関わる恐れがあるので、見直しされているのではと思います。

 

応急処置の剪定をしたアズキナシ

 

| 樹木よもやま話 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする