SEARCH THIS SITE.
CATEGORIES
ARCHIVES
Calender
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
<< 寒さは峠を越した? | main | ミルト発祥の地(2) >>
銀梅花とミルト・リキュール(1)

 昨年の春、生まれ故郷の美流渡(ミルト)について調べていたら、いろいろと出てきました。いずれもイタリア絡みで、地中海沿岸部などに分布する常緑のギンバイカ(Myrtus communis:ミルトゥス・コムニス)がそのひとつ。イタリアのサルデーニャ島では各家庭でこの黒っぽい実を高濃度のアルコール(スピリタスなど)に漬け込み、ミルト(Mirto)という食後酒として飲むそうです。ギンバイカはオリーブの育つような関東以西の暖地向きで、残念ながら北海道では越冬しません。ただし最低気温が5度以上の室内であれば条件次第で何とかなりそうです。

 

 

 

昨年春に入手した80cmの苗(写真上)に、わずか30gほどの実がなったので、ネット上にあったレシピを参考にして何枚かの葉と一緒に漬けてみました。すると2週間ほどで果実の表面が溶け出してそれらしい色に。

 

 

 話題、課題山積ですが、とりあえず第1回のご報告です。

 

| ミルト | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする