SEARCH THIS SITE.
CATEGORIES
ARCHIVES
Calender
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
<< どうなる2月以降の雪 | main |
ふたつの尺度

 

 先日、地元紙「空知プレス」さんの1面トップに、雪のことがわかりやすく詳細に掲載されました。ところで雪の多い少ないを表すには、次のふたつがあります。

 

1)降り積もった「雪の深さ(積雪深)」で表す方法

2)毎時ごとに計った雪の深さを1日分合計し、日ごとに累積した「累積降雪量」で表す方法

 

 このふたつのうちどちらかといえば「積雪深」のほうが直感的にわかるので、雪の多少を表すのに便利な尺度といえます。積雪深は雪の自重や雨、気温の上昇で縮まる(減る)こともあり、降雪量のように増え続けることはありません。

 

 次の表は過去63年間を、ふたつの尺度でそれぞれ下位10位までを示しています。なお、雪についての統計値は寒候年(前年8月〜当年7月)単位で表すことになっています。

 

表の「年」は寒候年で表しています

 

 新聞記事に取り上げられた少雪の2009(平成20)年。2月中旬には雨で幹線道路の雪が融け、ワイナリーさんでも雪が少なく、伏せていたブドウの苗が顔を出し、凍害の心配をされていました。今年も少雪気味なのでブドウやバラは大丈夫でしょうか。

 

 

 

 そして今年のバラ園。駐車場の雪山が小さめです。もし飼い犬の○○がなければ、これをドカ雪祭りなどのイベントや貯蔵に使えるのでは。集めた雪をただ溶かすのは勿体ないですね。

 

 

| 気象・天体 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする