SEARCH THIS SITE.
CATEGORIES
ARCHIVES
Calender
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
<< 強い霜に平然と | main | 初冬 >>
色彩館のパッションフルーツ

 館内では南国のパッションフルーツの花が咲き、実がなり始めました。

 

 

 花を見ると、和名でクダモノトケイソウ(果物時計草)と呼ばれている理由がわかりますね。花弁が12枚だったら完璧なのですが、ご愛嬌ということで。ところでWikipediaによれば、英名のなかのパッション(passion)とは「情熱」の意味ではなく、「受難」を意味し、花などがキリストの受難を象徴する形をしていることにちなんだとされています。和名に対して英名は時計がなかった時代に命名されたのでしょう。歴史の差を感じます。

 

 

果実などに黒いゴマのようなものが付いていたのでアブラムシかと思ったら

害虫などではないようです。はたして??

| いわみざわバラ園 | comments(2) | - | pookmark |
コメント
トケイソウ属の植物は、葉柄の基部付近や萼などに蜜腺をつけます。アリを誘引して草食昆虫対策の用心棒にするためだと言われています。
| Napraforgo | 2016/10/22 7:13 PM |
Napraforgoさん、貴重な情報ありがとうございます。
| 管理人 | 2016/10/22 7:48 PM |
コメントする