SEARCH THIS SITE.
CATEGORIES
ARCHIVES
Calender
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
<< 羊蹄山〜広さを表現する | main | 玄関先三題 >>
ネグンドカエデ「フラミンゴ」
 当園のネグンドカエデ「フラミンゴ」(Acer negundo 'Flamingo')は苗木を植え付けて8年余りで樹高6m(幹周:40センチ)を越え、お隣に迷惑をかけるので一昨年根切りをしてばっさり枝を切り詰めました。それでも樹勢が強いカエデなのでまたたくまにご覧の通り。このような大きさになってしまうと教科書通りの剪定ではなかなか制御できないのが現状です。
 
 さて、このフラミンゴは春先当初は覆輪の目立たない葉を展開します(写真下)が、夏が近づくにつれ模様がはっきりとして淡いクリーム色や赤み帯びた新葉が目立つようになります。ご承知の通り園芸品種名の由来はこの色合いが鳥のフラミンゴに似ていることによります。
2ヶ月で隣家の屋根が見えなくなりました
 このように大変美しく病害虫の発生が少ない(ときどきアブラムシは発生する程度の)木ですが、手放しで喜んではいられません。過去に緑化樹としてよく使われた基本種のネグンドカエデは精力旺盛なため、放任していても支障がない広大な敷地以外では不向きだったようです。ましてや個人の狭い庭には適しません。観察していると「フラミンゴ」は基本種のネグンドカエデより成長がやや遅いとはとはいえ、やがて困ることになります。ちなみに大地に根を張ったネグンドカエデは1年間に最大1.5〜2m生長します。
 本州の通販業者は見た目の美しさだけでアピールしていますが、これはとんでもない話です。かつて北海道以外ではほとんど実績がない樹種なので、特性を知っているのは道内の関係者だけといっても過言ではありません。業者の片棒を担ぐことがないよう消費者への助言を期待します。
 ついでにもう一言。同じく外来樹種のカエデ類は特に生長が早いため、道内では主に緑化樹として導入されています。または先の通販業者が生長の早さを無視(知らず)して販売しています。商売の邪魔をするつもりはありませんが、どうしても欲しいという方は十分調べてから庭に入れて下さい。数年前、あるガーデニング雑誌から「カエデ特集を企画しているので・・」と声をかけられましたが、「片棒」を担ぎたくないのでお断りしたことがあります。これらはあくまでも景観樹、公園樹として伸び伸びしているほうが幸せな樹種でしょうね。
| 開花・園芸情報 | comments(5) | - | pookmark |
コメント
いつも利用するバスターミナルの片隅にあって名前が面白いので調べてみました。これから色の移り変わりにも気をつけて見ていきたいと思います。
| 伊藤由美子 | 2012/09/05 9:00 AM |
コメントをいただいたのに気がつかず申し訳ありません。伸び伸び育っている姿は圧巻です。春から落葉期まで葉の色や覆輪の様子が変わります。是非楽しんで下さい。
| 管理人 | 2012/10/16 10:50 PM |
10平米ほどのウチの狭い庭にも生えています。新築購入時に植えられていたのですが、先日植木屋さんに見て頂いて、本来もっと広い場所に植えられる木と言われました。記事を読んで、植木屋さんのおっしゃる意味がわかりました。こりゃ抜いたほうがいいかな&#8264;
| ネグンドマン | 2012/11/05 7:05 AM |
ネグンドマンさん、現在どのくらいの大きさなのかわかりませんが、小さければ秋遅く落葉してから掘り上げて大きな容器のなかで育てる方法もあります。露地植えの状態だと毎年適期に剪定していても徐々に大きくなり根も張ってきます。思い切って抜くのも選択肢のひとつだと思います。

ネグンドカエデを大きくしてしまうと地際から切ってもひこばえが多発してなかなか退治できないことがあります。抜根して株ごと除去しなければなりません。ニセアカシア、ポプラの仲間もそうなります。

シラカバの仲間は上記のような現象は起きませんが、やがて手余しして切る方が多いですね。昨今のガーデニング本や情報の中には出来上がりのイメージだけで樹木を扱っているものがあり要注意です。
| 管理人 | 2012/11/06 3:10 AM |
管理人さんご返信ありがとうございます。もう2〜3mほどの高さまで成長しています。この木を植えたい!と思われる方もいらっしゃる中、抜いてしまうのはかわいそうな気もしますが…。根っこも、お隣さんにご迷惑を掛けそうですし。やっぱり抜こうかな。
相談に乗って頂いてありがとうございます!
| ネグンドマン | 2012/11/06 7:10 AM |
コメントする