SEARCH THIS SITE.
CATEGORIES
ARCHIVES
Calender
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
炎天下

7月の終わりから今日にかけて30度超えが続いていますが、当社苗畑では取引先の若い方が汗だくでヒバを掘っています。今日で2日目、お疲れ様です。

 

 

 近くのデントコーン畑では実が入り始めたようです。厳しい自然環境でもすくすくと育つ様に品種改良されているのですね。軟弱?な園芸の世界とはこんなにも違うのかと感心するこのごろです。

 

たくましいですね。低温、砂塵嵐並みの強風、干ばつ気味の天候続きも何のその

 

 

 私は近くで背負い式の噴霧器で除草していたのですが、半日で2〜3kg減。しかし水分が抜けただけなので、帰宅後の水分補給で元の木阿弥(笑)

 

| 徒然メモ帳 | comments(0) | - | pookmark |
震災の爪痕ー地面が動いた(1)

 9月6日に胆振東部で起きた地震で、震度7の厚真町、震度6の安平町、むかわ町などで大きな災害が発生した。遠く慣れた札幌市清田区、東区、北広島市では液状化現象などにより住宅被害が起きたのです。特に厚真町では裏山が崩れ落ち、たくさんの人々が犠牲になりました。さらさらとして崩れやすい火山灰の特性が被害を大きくしたのかもしれません。

 

 厚真町のある地区では、地震によって緩斜面の一部が写真右方向に滑り落ちたようになっています。もともとまっすぐだった道路の一部が、青矢印の方向に、雑木林の一部が緑矢印の方向にずれていて、その凄さが伝わってきます。ちななみに道路は10月9日現在、応急工事で震災前の位置(黄色)に鉄板が敷かれ、通行できるようになっています。

 

道路左側の電柱は震災後に立て直したようです

 

青矢印の先端は、路面をナイフで切り取ったようになっていて、自然の力の恐ろしさを感じた次第です。地震の翌日、長年お世話になっている方に連絡がつかず、通行止めになった主要道々を避け、裏道を行ったのですが、この有様で断念。

 

震災前の景色。道路右(西側)は低く、畑になっていて木々はなかった

 

赤線は従来からの道路位置

 

(お詫び)この記事の内容は素人による推定に過ぎませんのであしからず。

 

| 徒然メモ帳 | comments(0) | - | pookmark |
ハスカップジャムを作る

 7月になると北国に適したハスカップの実が黒く熟します。少量ですが毎年恒例のジャム作り。私はグラニュー糖の他にレモンを少々入れて酸味を増強し、煮詰めすぎないようにしています。

 

 

 灰汁を取り除きながら適度に煮詰めます。

 

 

 煮沸し冷ました空き瓶に小分けして完成。1週間ほど寝かせ、ジャムなどに利用。

 

 

| 徒然メモ帳 | comments(0) | - | pookmark |
藤川さんの野菜カレンダー

 辺りはみどりが乏しく、高騰する野菜に喘ぐこのごろ。カラフルなカレンダーでこころを癒しましょう。それと野菜イラストのコメントは見応えがあります。残り少なくなってきたのであわててゲット、お正月は家族で楽しませていただきます。

 

| 徒然メモ帳 | comments(0) | - | pookmark |
日本最北の水田

先日、派遣業務で遠別町(留萌管内)を訪ねた帰りに、町の郊外に日本最北の水田があると聞いていたので行ってみることにしました。不勉強で詳しいことはわかりませんが、明治時代にこの地で稲作(うるち米)に挑戦したのが始まりだそうで、現在は自家消費用を除けばすべてもち米とのこと。いつの時代でも困難に立ち向かい、克服する努力が進歩の源なのですね。見習わなければ〜訪ねた甲斐がありました。

 

遠別町清川(北緯44度45分)

 

| 徒然メモ帳 | comments(0) | - | pookmark |
| 1/29PAGES | >>