SEARCH THIS SITE.
CATEGORIES
ARCHIVES
Calender
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
ふたつのミルト(3)

 インターネット接続が当たり前になった現代。ストリートビューは実に便利なツールで、目的地に行けなくても見方によっては多くのの情報が得られる。イタリア・シチリア島にあるメッシナ県のミルト(Mirto)は、観光地からは離れた小さな山村で、よほどのことがなければ日本人が訪ねることはないのだろうと思う。

 

小高い丘にこじんまりとまとまった集落。昔からその姿をあまり変えていないのかもしれない。

市街地の縁を走る県道156号線(SP156)

 

 

 

この街だけではないと思うが、建物と舗装道路・敷地は一体化していて、空き地以外では「土」が露出した場所がほとんどない。殺伐として見えるが、雑草が生えていないので清潔感がある。人々は手の届く範囲でプランターや鉢などの容器で植物、花を楽しんでいるようだ。

 

小さいが郵便局、商店がある

 

 

 ミルトの一番の自慢は、この建物なのだろう。18世紀半ばから19世紀かけてシチリアの衣服やアクセサリーを1500点を集めた博物館らしい。整然と管理されたこの博物館を訪ねると、かつてのシチリア島の日常生活を知ることができるとのこと。先祖や自分たちの歩んできた歴史を大切にする心がけは必要ですね。(つづく)

 

Museo del Costume e della Moda Siciliana di Mirto

 

| ミルト | comments(0) | - | pookmark |
見事なタンポポ?

暖かくなってきたこのごろ、畑のタンポポが蔓延ってきそうなので抜き始めた。油断するとあっという間に大株になり、たくさんの花茎を伸ばすと手に負えなくなる。

 

 

 一昨日、そんな作業をしていると、たいそう立派なタンポポを見つけたので、そのままにして様子を見ることにした。

 

 

| 開花・園芸情報 | comments(0) | - | pookmark |
昔の利根別川

 岩見沢市街地をほぼ東西に流れる利根別川は、水源といえるほどのものはなく渇水期には干上がった。お世辞にもきれいな川ではなく、子供の頃は近所の悪ガキと一緒にヤブの中をかきわけて土手を下り、どじょうをすくって遊んだ。5条と6条との間には川の縁にボロ小屋があり、ドジョウ取りの網を仕掛けた怪しげなおじさんがいた。ある日、いないと思って近づくと昼寝中で、物音で起こしてしまい「こらぁ!」慌てて土手をかけ登って逃げた。

 

 近くに住みながらそのこと以外にほとんど印象がない川だったが、本州の企業を退職して戻ってきた翌年(1981年8月)、大雨で石狩川が氾濫し、流れをせき止められた多くの中小河川は行き場のない雨水で溢れかえった。利根別川も例外ではなく、気になって少し上流の2条橋と5条橋付近で撮影。あわやの写真が残っていた。下流域や幌向川下流などでは氾濫し、しばらくは水に浸かった状態が続いたそうだ。

 

氾濫寸前の2条橋付近

 

当時は木の橋だった5条橋付近

 

| 利根別川と桜 | comments(0) | - | pookmark |
| 1/238PAGES | >>