SEARCH THIS SITE.
CATEGORIES
ARCHIVES
Calender
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
育種を楽しむ

 植物の園芸品種は公的研究機関、大手種苗会社による場合を除けば、種を播いたり、こぼれ種で偶然に誕生する場合がほとんどでしょうね。さて苗畑で2年前まではアメリカテマリシモツケの「ルテウス(黄金葉)」と「ディアボロ(銅葉)」の育成エリアだったところに、雑草に埋もれながらも、こぼれ種から生えた苗が色づきました。個体差が目立つ面白そうなものを選び、育成してみようと思います。

 

 

 

| 開花・園芸情報 | comments(0) | - | pookmark |
備えあれば憂いなし

 今年は3回もの台風に襲われた北海道。常日頃の基本的な管理がいかに大切かを思い知らされた年でもあります。お世話になった客先でも、植えて丸三年経た庭木が、支柱の劣化と生長が良過ぎたため強風に耐えられず、次々と倒れたケースがありました。根が安定するまで、透かし剪定してくださいとお願いしていたのですが・・・


 倒れた状態で剪定し、再び立て込んで支柱結束。手間ひまが結構がかかったお宅が数件ありました。公共施設や公園でも同様で、たまたま切り詰め剪定していたポプラはほぼ大丈夫だったのに、剪定していない(位置的に高所作業車による剪定できない)ドロノキなどは、結構倒れた様です。人命に関わる恐れがあるので、見直しされているのではと思います。

 

応急処置の剪定をしたアズキナシ

 

| 樹木よもやま話 | comments(0) | - | pookmark |
震災の爪痕ー地面が動いた(2)

 前回は北から、今回は南からの写真です。地震前および仮復旧した道路(1)と地震により滑り落ちた道路(2)に挟まれた木々の一団は右(東)側にある緩斜面の一部。現代の施工技術、機械ではこの規模の移植は不可能で、あらためて自然の力に驚かされます。厚真町内最悪の被害を被った吉野地区のように地滑り・崖崩れなどの災害跡地は防災上無理でしょうが、この場所は地権者との関係を調整しながら後世に残してはと思います。

 

 

道路路盤(2)は仮復旧工事(1)に流用されたと推測されます

 

| 開花・園芸情報 | comments(0) | - | pookmark |
| 1/241PAGES | >>